よくわかる中古車買取の「手数料」

中古車買取には「手数料」がかかる!?


 

中古車買取をしてもらう際には可能な限り

高く買い取ってもらいたいものです。

 

ですが、買取をしてもらう時には

「手数料」を請求されるケースがあるということを

ご存知だったでしょうか?

 

今回は中古車買取の「手数料」について

詳しくご紹介致します。

 

査定の段階では手数料は発生しない

愛車を売りたいという時には事前に

査定をしてもらい比較することが一般的ですが、

査定については、

基本的には費用が発生することはありません。

 

査定そのものは無料で行っている業者が大半ですから、

できるだけ多くの業者で査定してもらい、

その中でも一番高い査定が出た中古車販売店で

買取してもらいましょう。

 

中古車買取時の「手数料」とは?

中古車買取時に発生する「手数料」として、

名義変更時に費用がかかります。

 

車を売る際には名義変更を行う必要があります。

 

名義変更時に発生する費用については、

契約後に別個に現金で徴収されるケースと

査定価格の時点で差し引かれているケースがあります。

 

名義変更については自分ですることもできますが、

一般的には業者が代行してくれる場合が大半ですが、

代行手数料が発生します。

 

代行手数料については業者によって異なりますから、

事前に確認しておくようにしましょう。

 

中古車買取時の必要書類について

中古車を買取してもらう際には

印鑑証明と住民票を取得しておく必要があります。

 

印鑑証明と住民票については自分が住んでいる

市区町村役場で発行してもらうことになりますが、

この時期にかかる手数料については

実費で支払うこととなります。

 

この手数料については自治体によっても異なりますが

おおよそ300円~500円程度です。

 

中古車買取にかかる手数料については

予め確認しておきましょう。

 

中古車買取を行う際には一括査定!

中古車買取の査定については無料で行えると

先述しましたが、

近年はインターネット上で気軽に

中古車査定を行えるサイトが増加しています。

 

一度の請求で十社など多くの業者の

査定見積もりを一括で取ることができる為、

非常に利便性が高く、

効率的に高く売ることができるようになります。

 

一括見積を行っているサービスにも

様々な種類がありますが、

基本的には利用料無料のサービスが多く、

近くに中古車販売店がない場合や、

時間が取れず直接出向くことができない場合にも

オススメです。

 

複数の業者で見積を取ることにより、

査定額を比較してより高く買取してもらえる可能性が

高くなりますから、

できるだけ高く愛車を売りたいという方は

是非利用してみてください。

 

東京都のカー&バイク情報

 

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の激安車検




sponserdlink


車検代を賢く節約する車検費用節約術!

自動車の維持費で最も高い車検を節約する

 

私は「車検が好き」という人に出会ったことはありませんし、

私自身、車検が好きではありません。

 

ですが、自動車を持っている以上、

車検は必ず通らなければならない道です。

 

そこで、「車検」にかかる費用を

ちょっとでも節約する為に、

車検のことと、

車検費用を節約する方法をご紹介していきます。

 

 

車検とは?

 

そもそも、車検とは一体何でしょうか?

 

車検とは、「自動車検査登録制度」の略称であり、

自動車及び251cc以上のバイクを対象とする、

一定期間ごとに規定の検査を実施し、

車両の所有権を明確にする為のシステムです。

 

また、裏の役割として、

自動車に関する「税金」を回収する目的も有しています。

 

車検のタイミングで

自動車重量税」と「自賠責保険料」を払わなければ、

車検を受けることはできません。

 

また、事前に「自動車税」を払っていなければ、

やはり車検を受けることはできません。

 

自動車に関する税金を払っていなければ、

車検を受けることができないシステムとなっています。

 

 

車検を通す(合格する)とは?

 

車検で合格することを

「車検に通った」あるいは「車検を取った」と言いますが、

車検に合格したからといって、

その車両が安全なのかといえば、必ずしもそうとは限りません。

 

車検は検査のタイミングで

定められた基準に達していれば合格するのですが、

車検の基準は低く、

普通に使用していれば、

初回3年めの車検などは、無整備でも合格できるレベルです。

 

ブレーキパッドがすり減ってほとんど無い状態でも、

検査のタイミングでたまたまブレーキが効けば合格となります。

 

極端に言えば、車検に合格した帰り道に

ブレーキが壊れるということもあり得ます。

 

 

車検を受けなければどうなる?

 

車検に合格していない車両は、公道を走ることができません。

 

車検を受けていない自動車で

公道を走った場合には罰則の対象となり

「1年6ヶ月以下の懲役もしくは最大80万円以下の罰金」+「罰則12点」となり、

90日間の免許停止処分となります。

 

また、過去に違反歴があれば即免許取り消し処分となります。

 

万が一この状態で事故でも起こそうものなら、

一生を棒に振ることとなります。

 

 

車検の必要書類は?

 

▼車検証(自動車検査証)

車検証は通常車に備え付けられており、

大半の場合車検証入れに入っています。

 

▼自賠責証明書

自賠責とは「自動車損害賠償責任保険」のことで、

車検証とセットになっている場合がほとんどです。

 

▼自動車税納税証明書

毎月5月に収める、自動車税の納税を証明する書類です。

 

直近支払った納税証明書のみ必要となり、

それ以前の納税証明書は不要です。

 

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の激安車検




sponserdlink


車検が切れてしまった時はどうすれば良いの?自動車はどうやって運ぶ?

まずは車検が切れるということの危険性について解説させていただきます。

車検が切れただけでは特に問題はありませんが、

車検が切れた車両で公道を走行すると違反となります。

その罰則の内容については、車検が切れていた場合、

道路運送車両法違反となり、6ヶ月以下の懲役、

あるいは30万円以下の罰金を支払わなければなりません。

また、同時に自賠責保険が切れていた場合、

自動車損害賠償保障法違反となり、1年以下の懲役、

あるいは50万円以下の罰金を支払わなければなりません。

また、車検切れの場合6点減点となって、

前歴が無い場合でも30日間の免許停止処分、

自賠責保険も切れていた場合こちらも6点減点となり、

合わせて12点減点。

90日間の免許停止処分となり、

前歴があった場合には一発で免許取消処分となります。

車検が切れた自動車は絶対に公道を走ってはなりません。

 

京都 車検

 

車検が切れた場合の対処法について

 

車検を受ける業者に依頼して、車検が切れているということを伝え、

その車を取りに来てもらうようにお願いすることが一番手っ取り早いでしょう。

積載車で取りにきてもらうことになりますが、

別途費用がかかる場合があるので注意してください。

自分で車を移動させる方法としては、

レンタカーで積載車を借りるという方法もありますが、

現実的ではありません。

 

市区町村の役場の窓口で、

仮ナンバーを取得すれば一時的に公道を走ることができるようになります。

ただし、この手続に際しては750円の費用がかかりますので注意して下さい。

この際、当たり前ですが役場まで車検切れの車を運転していってはいけません。

 

車検が切れていた後、自賠責保険も切れていた場合、

自賠責保険に加入していなければ仮ナンバーを取得できません。

その為予め自賠責保険だけは加入を済ませておきましょう。

 

継続して乗らない場合

 

車検が切れた場合、もうひとつの手段としては、車検を通さずに売却する、

あるいは廃車にするというのも一つの手段です。

廃車にするに際しては意外に費用がかかるものですから、

まずは売却することを考慮しましょう。

現在においてはインターネットが普及・発展した時代で、

便利になったもので、ネット上で買取の見積査定をしてもらうことが

できるサービスが存在しますので、是非活用してください。

車検の有無にかかわらずショップの方から引き取りに来てくれますので、

それなりに納得できる値段になるのであれば売却する方向で考えると良いでしょう。

値段が付かなければ廃車することになりますが、

個人で手続きを踏む場合は少々厄介ですので、

廃車の場合も大人しくカーショップに相談することをオススメします。

大阪府の営業の求人情報

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の激安車検




sponserdlink


1 2 3 4