自動車のメンテナンスで最も重要なエンジンオイルとエレメント交換

自動車の定期点検整備はその車両の所有者に求められているものであり、

自動車の性能と安全性を維持したまま運行するという非常に重要な目的があります。

定期点検整備の時期と重なるように車検が行われ、

車検を受ける際には定期点検整備を行わなければならないことから、

車検と点検整備は切っても切り離せない存在です。

 

また、車検では保安基準に適合していることを検査すると共に、

自動車重量税を徴収するという目的も有しています。

 

激安車検

 

1年目にはメーカーによる無料点検が、1ヶ月、半年、1年目に行われ、

その後2年で車検を受けることとなります。

通常運行に支障が出る部分の項目については走行することで消耗することが

考えられるパーツ等が該当します。

ですが、多くのドライバーは必ずしも車検ごとに消耗品や劣化した部分の

整備・交換を行わず、点検のみを行って車検を通します。

 

この場合特に問題点として挙げられるのでは、エンジン、

足回り等の交換することができない部位で、

自動車として致命的なトラブルを引き起こす箇所となります。

エンジンについては日常的なメンテナンスは必須とも言えるもので、

特にエンジンオイルの交換は必要不可欠です。

通常、走行距離にして3000キロ〜5000キロが交換の時期として最適とされており、

エンジンオイル交換の2回に1回はエレメントも交換しなければなりません。

 

エンジンオイルは自動車の心臓とも言えるエンジンを

正常な状態で稼働させることを目的としており、

これに不具合が生じてしまった場合、

自動車の各箇所の不具合を併発する要因ともなります。

どんなにオイルが入っていたとしても、エンジンオイルが汚れている、

あるいはピストン運動によってシリンダー及びピストンが摩耗することで

オイルの性能が劣化し、

潤滑性が悪化することでその効果は半減してしまうことになるのです。

 

また、エレメントは汚れたオイルをフィルターしてより

綺麗なオイルをエンジンに送るという非常に重要な役割を担っています。

自動車のエンジンを心臓に例えると、

エレメントは血液のフィルター機能の役割を担う腎臓に相当します。

人間で言えば動脈硬化や糖尿病を引き起こすように、

自動車にもその他の機能に様々な不具合が引き起こされることとなります。

 

最近では自動車によってメンテナンスの時期をモニターで知らせる機能が

設けられている場合もありますので、

これを活用すれば交換時期を見誤ることはないでしょう。

 

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の激安車検




sponserdlink