自動車の日常的なメンテナンスと駐車違反時の対応について解説

自動車は私達人間が生活する中でなくてはならない必需品とも

言えるものですが、長期に渡って一台の車に継続して乗る場合、

日常的なメンテナンスは欠かせません。

きちんとメンテナンスを実施した上で乗り続けた場合と、

メンテナンスを行わずに乗り続けた場合では、

自動車の性能や安全性にも大きく差が出る他、

その自動車の寿命にも関わります。

 

車検を京都で受ける

 

また、将来的にその車両を査定に出す場合、

その価格にも大きく影響を及ぼします。

自動車に賢く乗る為には、日頃から定期的にオイル交換を行い、

タイヤの空気圧等を調整することは欠かせません。

加えて、日常点検としてはタイヤの溝やヘッドライト、

ブレーキランプ、ウィンカーの点灯や、

ボディ自体についても傷やへこんでいないかどうかチェックしましょう。

 

自動車を道路等駐車場ではない場所に駐車した場合、

駐車違反のステッカーを貼られてします場合があります。

今まで駐車違反については警察官による取り締まり、

あるいはレッカー移動が主とされていましたが、

運転者と自動車の所有者が異なるといった主張による

「逃げ得」となる場合もすくなくありませんでした。

 

その後道路交通法が改正されると取り締まりは民間業者に

委託されることとなり、大幅に取り締まりが強化されることとなりました。

違法駐車している車両を発見した場合、

民間業者における駐車監視員がその車両をカメラで撮影して

ナンバーを記録します。

ハザードランプを点けている、

あるいは短時間の駐車の場合でも容赦なく違法駐車として扱われることと

なりましたので、当たり前ですが駐車禁止区域に駐車してはいけません。

 

もし駐車違反によって黄色いステッカーを貼られてしまった場合には、

後日警察に出頭しなければなりません。

そこで違反切符の交付を受けた後、定められた反則金を納めなければなりません。

この反則金の金額については車種に関係なく、

駐車禁止区域の場合は一律15,000円と定められており、

更に駐停車禁止区域に該当する場合には18,000円の反則金と、

非常に高額となっています。

また、違反点数も2点加算されることとなりますので、

路上駐車については充分に注意しましょう。

 

もし駐車違反のステッカーを貼られて警察に出頭しなかった場合、

後日放置違反金として納付書が郵送されてくることとなります。

自動車の使用者がもし警察に出頭しなかった際については、

その自動車の所有者が違反の責任を取らなければならないという

制度となっています。

その車両の所有者と使用者が同一人物である場合も同じ対応となり、

納付書が郵送されてくることとなります。

放置違反金の納付額についてはは反則金を支払う場合の額と

同様の金額になりますが、警察に出頭しないということから

違反点数につちえは加算されることはありません。

東京都千代田区の美容室のサロン情報

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の激安車検




sponserdlink