自動車検査登録制度における前整備・後検査と前検査・後整備について

車検ではその車両が国の定める一定の保安基準(サイズや公害、安全性等)

を満たしているかどうかということを定期的に検査する制度のことで、

正式名称「自動車検査登録制度」のことです。

この検査において保安基準に適合していない車両については

公道を走行することはできません。

 

京都の車検

 

以前までの車検制度については、

点検整備を予め実施してから検査を行う前整備・後検査が

必須とされていましたが、車検制度の改正が行われて以降、

点検整備した後に点検整備を行っても良いという前検査・後整備が

可能となっています。

つまり、車検に合格さえすればその後から点検整備を行っても

問題ないということになります。

当然ですが、検査に合格することができたからと言って、

24ヶ月点検整備を行わなくても良いというわけにはなりません。

 

車検の検査ではその車両が安全性において、

あるいは公害面において基準に適合しているかどうか、

テスター及び検査員の目視によってチェックを行うというもので、

この検査ではブレーキやエンジンといった消耗品を分解して

内部のチェックまで行いません。

つまりブレーキやエンジンはちゃんと動いていれば合格しますが、

その内側の面の消耗等を確かめるものではありませんから、

次の検査まで安全に乗れるということを保証するというものでは

断じて無いのです。

 

自分で所有している自動車についてはその所有者自身の責任を持って正常、

かつ安全な状態に維持・管理するということが車両法において求められています。

もし前車検・後整備を方便として検査に合格し後整備をせずに

その後走行を続けていたとすれば、車両トラブルが引き起こされる可能性は

きちんと整備を行った場合と比較すると非常に高くなり、

修理費用やレッカー費用等整備を怠ったことで余計に負担しなければ

ならないことがあります。

もしオーナー自身の希望によって前車検・後整備で車検を実施した場合、

合格した後は必ず後整備を実施しなければなりません。

 

自分の愛車がきちんと正常に走れる状態で、かつ安全に走れる状態であるか、

日常的な点検も行い、定期的な点検整備を実施することで、より安全に、

より快適にカーライフを楽しむことができるようになります。

普段から点検整備を行わない人の場合、車検の際の前整備、

後整備についてはその重要性は非常に高く、道路運送車両法の改正後も、

第47条において、自動車オーナーには点検及び整備は義務付けられるもの

として明確に定められています。

岡山県岡山市の介護サービス情報

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の激安車検




sponserdlink