車検が切れてしまったら違法になるの?罰則は?対処法はないの?

うっかり車検の期限を忘れていて、

期限が切れてしまったことはないでしょうか。

まだ大丈夫だろう、明日電話しよう、

とついつい先延ばしにしている内に期限が過ぎてしまって、

慌ててしまった経験があります。

そんな時に車検が切れた場合どうすれば良いのかわからず、

対象法について色々調べたことをまとめましたので、

是非参考にしてみてください。

 

京都 車検

 

車検切れの自動車は違法になるのか

 

車検の期限が過ぎてしまった人がまず気になることは

「違法になってしまうのではないか」ということではないでしょうか。

ですが、車検の有効期限が過ぎただけでは、全く違法性はありません。

違法になるのは車検が切れた車両で公道を走行した場合で、

車検が切れた自動車でも、置いておく分には何の問題もありません。

ただし、車検が切れた車両で公道を自走すると当然罰則が

課せられることとなり、内容も非常に厳しいものとなっています。

 

車検切れで公道を走行した場合の罰則は?

 

道路運送車両法における無車検運行に違反していますから、

違反点数は6点減点+半年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金となります。

また、車検が切れた場合はその後自賠責保険の期限も切れている可能性が高く、

自動車損害賠償保険法における無保険車運行に違反していることとなり、

こちらも6点の減点と、1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金となります。

合計で12点減点となり、前歴が無い場合でも90日間の免許停止処分、

前歴があった場合は免許取消処分となります。

 

また、もし自賠責保険が無効となっている状態で事故を起こした場合には

一切補償は行われませんので、

とんでもない額の負債を抱えることになる危険性がありますので、

車検が切れた状態の車両で走行することは絶対に避けましょう。

 

車検切れの自動車を車検に出すにはどうすれば良いの?

 

車検の有効期限を過ぎている車の車検には特別な手続きはいりません。

通常通りの車検と同じように受ければ問題ありません。

ただし、公道を自走することはできませんから、

車検を依頼する業者に依頼して積載車で引き取りにきてもらわなければなりません。

また、ユーザー車検等、自分で車検場に持ち込む場合、

市区町村の役場で仮ナンバーの交付を受けることで一時的に公道を

自走することが可能となります。

 

車検切れの車検費用について

 

車検が切れた自動車の車検を実施する場合、通常の車検と比較すると、

車検そのものの費用は関係ありませんが、

依頼する業者によって手数料等の面で異なります。

車検切れの自動車は公道を自走できませんから、積載車の手配や、

仮ナンバーを取得する等、手間や費用が余計に発生することとなります。

業者によってはその手間賃等を通常の費用に上乗せする場合が

ありますので注意しなければなりません。

馴染みのディーラーなどで依頼すればサービスしてくれるという

場合もありますので、予め確認しておきましょう。

場合によっては車検を通さずに引き取ってもらうというのもひとつの方法です。

ただし、査定については業者によってもことなります。

京都府の居酒屋のグルメ情報

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の激安車検




sponserdlink