車検が切れてしまった時はどうすれば良いの?自動車はどうやって運ぶ?

まずは車検が切れるということの危険性について解説させていただきます。

車検が切れただけでは特に問題はありませんが、

車検が切れた車両で公道を走行すると違反となります。

その罰則の内容については、車検が切れていた場合、

道路運送車両法違反となり、6ヶ月以下の懲役、

あるいは30万円以下の罰金を支払わなければなりません。

また、同時に自賠責保険が切れていた場合、

自動車損害賠償保障法違反となり、1年以下の懲役、

あるいは50万円以下の罰金を支払わなければなりません。

また、車検切れの場合6点減点となって、

前歴が無い場合でも30日間の免許停止処分、

自賠責保険も切れていた場合こちらも6点減点となり、

合わせて12点減点。

90日間の免許停止処分となり、

前歴があった場合には一発で免許取消処分となります。

車検が切れた自動車は絶対に公道を走ってはなりません。

 

京都 車検

 

車検が切れた場合の対処法について

 

車検を受ける業者に依頼して、車検が切れているということを伝え、

その車を取りに来てもらうようにお願いすることが一番手っ取り早いでしょう。

積載車で取りにきてもらうことになりますが、

別途費用がかかる場合があるので注意してください。

自分で車を移動させる方法としては、

レンタカーで積載車を借りるという方法もありますが、

現実的ではありません。

 

市区町村の役場の窓口で、

仮ナンバーを取得すれば一時的に公道を走ることができるようになります。

ただし、この手続に際しては750円の費用がかかりますので注意して下さい。

この際、当たり前ですが役場まで車検切れの車を運転していってはいけません。

 

車検が切れていた後、自賠責保険も切れていた場合、

自賠責保険に加入していなければ仮ナンバーを取得できません。

その為予め自賠責保険だけは加入を済ませておきましょう。

 

継続して乗らない場合

 

車検が切れた場合、もうひとつの手段としては、車検を通さずに売却する、

あるいは廃車にするというのも一つの手段です。

廃車にするに際しては意外に費用がかかるものですから、

まずは売却することを考慮しましょう。

現在においてはインターネットが普及・発展した時代で、

便利になったもので、ネット上で買取の見積査定をしてもらうことが

できるサービスが存在しますので、是非活用してください。

車検の有無にかかわらずショップの方から引き取りに来てくれますので、

それなりに納得できる値段になるのであれば売却する方向で考えると良いでしょう。

値段が付かなければ廃車することになりますが、

個人で手続きを踏む場合は少々厄介ですので、

廃車の場合も大人しくカーショップに相談することをオススメします。

大阪府の営業の求人情報

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の激安車検




sponserdlink