車検代を賢く節約する車検費用節約術!

自動車の維持費で最も高い車検を節約する

 

私は「車検が好き」という人に出会ったことはありませんし、

私自身、車検が好きではありません。

 

ですが、自動車を持っている以上、

車検は必ず通らなければならない道です。

 

そこで、「車検」にかかる費用を

ちょっとでも節約する為に、

車検のことと、

車検費用を節約する方法をご紹介していきます。

 

 

車検とは?

 

そもそも、車検とは一体何でしょうか?

 

車検とは、「自動車検査登録制度」の略称であり、

自動車及び251cc以上のバイクを対象とする、

一定期間ごとに規定の検査を実施し、

車両の所有権を明確にする為のシステムです。

 

また、裏の役割として、

自動車に関する「税金」を回収する目的も有しています。

 

車検のタイミングで

自動車重量税」と「自賠責保険料」を払わなければ、

車検を受けることはできません。

 

また、事前に「自動車税」を払っていなければ、

やはり車検を受けることはできません。

 

自動車に関する税金を払っていなければ、

車検を受けることができないシステムとなっています。

 

 

車検を通す(合格する)とは?

 

車検で合格することを

「車検に通った」あるいは「車検を取った」と言いますが、

車検に合格したからといって、

その車両が安全なのかといえば、必ずしもそうとは限りません。

 

車検は検査のタイミングで

定められた基準に達していれば合格するのですが、

車検の基準は低く、

普通に使用していれば、

初回3年めの車検などは、無整備でも合格できるレベルです。

 

ブレーキパッドがすり減ってほとんど無い状態でも、

検査のタイミングでたまたまブレーキが効けば合格となります。

 

極端に言えば、車検に合格した帰り道に

ブレーキが壊れるということもあり得ます。

 

 

車検を受けなければどうなる?

 

車検に合格していない車両は、公道を走ることができません。

 

車検を受けていない自動車で

公道を走った場合には罰則の対象となり

「1年6ヶ月以下の懲役もしくは最大80万円以下の罰金」+「罰則12点」となり、

90日間の免許停止処分となります。

 

また、過去に違反歴があれば即免許取り消し処分となります。

 

万が一この状態で事故でも起こそうものなら、

一生を棒に振ることとなります。

 

 

車検の必要書類は?

 

▼車検証(自動車検査証)

車検証は通常車に備え付けられており、

大半の場合車検証入れに入っています。

 

▼自賠責証明書

自賠責とは「自動車損害賠償責任保険」のことで、

車検証とセットになっている場合がほとんどです。

 

▼自動車税納税証明書

毎月5月に収める、自動車税の納税を証明する書類です。

 

直近支払った納税証明書のみ必要となり、

それ以前の納税証明書は不要です。

 

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の激安車検




sponserdlink